選挙解体新書

選挙の役に立つ研究・分析を紹介します。

【選挙結果】いわき市長選挙2017、立候補者の紹介

 

 2017年9月3日告示され、9月10日に投開票が行われたいわき市長選挙

 

 立候補者は3人。4年前、2013年のいわき市長選挙でも争ったのと同じ面々だ。現職市長の清水敏男氏(53)、新人の宇佐美登氏(50)、そして前市長の渡辺敬夫氏(71)だ

 

 選挙の結果、現職の清水氏が再選を決めた。

 

清水 敏男    59,814

渡辺 たかお   37,670

うさみ 登    36,411

 

http://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1449381314014/simple/sennkyo-shityo-kaihyou.pdf

 

 

再選を決めた清水氏の経歴と抱負は以下のとおりだ。

 

現職 清水 敏男(しみず・としお)氏

 

https://pbs.twimg.com/profile_images/1157068565/IMG2_400x400.jpg

reference: 清水敏男 (@shimizutoshio) | Twitter

 

 いわき市出身。福島県立磐城高等学校、日本大学法学部を卒業後、代議士秘書に。1992年、29歳でいわき市市議会議員選挙に立候補、初当選を果たす。1996年の市議選でも再選を果たし、市議を2期務める。1999年には、自民党公認で福島県議会議員選挙に立候補、当選を果たす。その後、2003、2007、2011年の県議選でも再選。2013年には、4期務めた県議を辞職し、いわき市長選挙に立候補する。この選挙では、今回2017年の市長選でも戦うことになっている渡辺市長(当時)と宇佐美氏を破り初当選した。

 

今回の立候補にあたり、4年間の実績と震災復興などの政策継続の重要性を強調。「医(医療)・職(雇用)・住(住宅)」、市民と共にまちをつくる「共創」の理念などを掲げている。

 

 website: 福島県いわき市長 清水敏男公式サイト

 

前市長 渡辺敬夫(わたなべ・たかお)氏

 

https://pbs.twimg.com/profile_images/378800000393847754/1eb3ba2e3bc457c93ada05761ac85b9a_400x400.jpeg

reference: 渡辺敬夫事務所 (@takaosupporters) | Twitter

 

 いわき市出身。福島県立湯本高校、日本大学法学部を卒業後、北日本自転車競技会に勤務。1985年、いわき市市議会議員選挙に立候補、初当選を果たす。いわき市議を2期務めた後、1991年の福島県議会議員選挙で初当選。以後2009年、いわき市長選に立候補するまで県議を5期務める。市議・県議の時代は自由民主党に所属し、自民党福島県支部連合会政調会長や幹事長など重要ポストを歴任した。また2005年には、県議会の議長も務めた。

 

 2009年のいわき市長選挙では、当時現職市長で自民党公認だった櫛田一男氏と選挙戦を交えるために自民党を離党。無所属で市長選に立候補し、櫛田氏より8000票多く獲得し当選を果たした。しかし、震災後2013年に行われた市長選挙では、維新の会と公明党から推薦を得たものの、無所属だった清水敏夫氏に敗れた。

 

 今回の市長選にあたり渡辺氏は、将来を見据えた事業展開の必要性と、県とのパイプ再構築を主張。幼児教育無償化など教育予算の拡充や、産業基盤の強化、新病院建設計画の検証を訴えている。

 

website: 見当たらず

 

新人 宇佐美登(うさみ・のぼる)氏

https://pbs.twimg.com/profile_images/2905571598/8feb2026ba50872ab8517db22abf3a12_400x400.jpeg

reference:宇佐美 登 (@NoboruUsami) | Twitter

 

 東京都大田区出身、早稲田大学理工学部卒業。代議士秘書を経て、1993年に新党さきがけ(当時)公認で、衆議院議員選挙東京2区から立候補。26歳にして初当選を果たす。しかし1996年の衆議院議員選挙、1998年の参議院議員選挙に新党さきがけから立候補するも落選。その後、新党さきがけを離党。2000年の衆議院議員選挙では民主党から立候補するも落選。5度目の選挙となる2003年の衆議院議員選挙では選挙区では自民党候補者に敗れるも、比例代表で復活。7年ぶりに国会議員に返り咲いた。

 

 しかし2005年の衆議院議員選挙で再び落選。民主党を離党。2007年の大田区長選挙に無所属で立候補するも自民党候補者に敗れ落選。2009年の衆議院議員選挙にも落選する。

 

 2011年の震災で7人の親戚(平薄磯)を失ったことを期に、父親の郷里であるいわき市にボランティアとして訪れ、活動の場をいわき市に移す。2012年の衆議院議員選挙には日本維新の会より福島5区から立候補するも落選。その後日本維新の会を離党。2013年、前回のいわき市長選挙に無所属で立候補。前述の清水氏・渡辺氏に敗れ、3位で落選した。2014年より、東日本国際大学の客員教授。

 

 今回の選挙にあたり、約束を守る政治」をスローガンに市政刷新を訴えている。市立総合磐城共立病院の運営の抜本的見直しをはじめ、医療、福祉、介護の充実を目指し、街頭演説や小規模集会などで幅広い浸透を目指していると報道されている。

 

website:宇佐美登を応援する会 - Home | Facebook

 

アンケートでいわき市長選挙を予想しよう

 

いわき市長選挙に関するツイート

参考資料

「地域医療」争点...3氏出馬へ いわき市長選・告示まで1カ月:県内選挙:福島民友新聞社 みんゆうNet, いわき市長選、いわき市議会公明党は自主投票へ | いわき経済報-福島県いわき市発の地域経済情報紙-, 

渡辺敬夫 - Wikipedia,  清水敏男 (政治家) - Wikipedia, 宇佐美登 - Wikipedia,