選挙解体新書

選挙の役に立つ研究・分析を紹介します。

【選挙結果】仙台市長選挙、立候補者の経歴紹介【4人の大激突】

 

 2017年7月9日告示され、7月23日に投開票が行われたの仙台市長選挙。

野党連合の推す、郡氏が初当選を決めました。

 

以下、仙台市長選挙の開票結果です。

郡和子(無所属・新)当選、16万5452票
菅原裕典(無所属・新)14万8993票
林宙紀(無所属・新)6万1647票
大久保三代(無所属・新)8924票

仙台市長選 新人の郡氏が初当選 | NHKニュース

 

 

 

現職の奥山恵美子市長が引退表明しているため、複数の新人が争う構図だ。現在までのところの立候補予定者は、元衆院議員大久保三代氏、会社社長菅原裕典氏、元衆院議員林宙紀氏の、そして衆院議員郡和子氏の4人。

<仙台市長選>行ぐすぺ選挙へ 仙台弁こけし啓発 | 河北新報オンラインニュース

 

 4人の候補のうち3人が衆議院議員経験者(大久保氏・郡氏・林氏)。残る菅原氏も宮城県知事や地元経済界・自民党仙台市連からの支持がありサポートが厚い。郡氏は、民進、共産、社民の野党連合のサポートを受けている。一方、林氏は民進党から離党して既存政党からの支援なしの選挙戦。大久保氏も、同じく既存政党からの支援はない。

 

 先日行われた都議選の結果を見ると、既存政党からの支援は選挙結果を決める力にはならないかもしれない。4人の激しい選挙戦が予想される。百万都市仙台の未来を率いるリーダーはどの候補になるだろうか。

<仙台市長選>「首都の突風」追い風か、逆風か | 河北新報オンラインニュース

 

候補者の経歴は以下のとおりだ。

 

新人 大久保三代(おおくぼ・みよ)氏

https://stat.profile.ameba.jp/profile_images/20160508/17/8c/FY/j/o054606201462697680078.jpg

 reference: okb34(オオクボ ミヨ)のプロフィール|Ameba (アメーバ)

 

 鹿児島県出身。東京女子大学を卒業後、家業手伝い、人権啓発グループ代表、キャスターなどを務めたのち、慶應義塾大学大学院修士課程に入学・修了。2012年に宮城5区から衆議院議員選挙に自民党から立候補するも、対抗馬であった民主党の安住氏に敗れる。しかし、比例区で復活当選を果たし、衆議院議員となる。

 

 2014年の衆議院議員選挙では自民党からの公認がなく不出馬。一時は政界からの引退を示唆するも撤回し、2015年仙台市議会議員選挙、宮城県議会議員選挙に無所属で立候補をするもいずれも落選した。今回の立候補にあたり、老朽化した市有施設や学校の統廃合、市バス事業の民営化に取り組む考えを示し、「職員のためではなく、市民のための市役所にしたい」とのコメントが報道されている。

 

Website:大久保三代 オフィシャルブログ「いつみてもSocial Work」 Powered by Ameba衆議院前議員 自民党 大久保三代 オフィシャルサイト

  

新人 菅原裕典(すがわら・ひろのり)氏

youtu.be

 仙台市生まれ。東北学院大学経済学部卒業後、名古屋の葬儀社の勤務ののち父親と共に有限会社すがわら葬儀社を創業(現在は社名を清月記に変更)。仙台市を中心に事業を展開。東日本大震災の際には、震災で両親を亡くした子供たちを継続的に支援する「NPO法人JETO(ジェット)みやぎ」を立ち上げ、理事長を務める。

 

 今回の選挙にあたり、村井嘉浩宮城県知事ら複数の政治関係者や、地元経済人有志でつくる「仙台の未来を考える会」から立候補要請を受けての立候補となる。また自民党仙台市連も菅原氏の支持を決定している。

<仙台市長選>清月記社長の菅原氏が出馬表明 | 河北新報オンラインニュース

 

 菅原氏は、「仙台のために役立てるよう、全身全霊で進む」と抱負を話している。

 

Website: 見当たらず

 

新人 林宙紀(はやし・ひろき)氏

https://pbs.twimg.com/profile_images/618103522542751744/I2ddNbfS.jpg

 reference: 林宙紀(はやしひろき) (@linkspace) | Twitter

 

 名取市出身。仙台第一高校を卒業後、東京大学理科二類に進学。教育学部を卒業後、民間会社勤務ののち、フリーアナウンサー等として働く。その間、政策研究大学院大学国際開発学コースを修了(開発学修士)。2012年、みんなの党宮城第1区支部長に就任。同年の衆議院選挙に立候補し、小選挙区では落選するも比例で復活当選を果たす。2014年の衆議院議員選挙では宮城第2区から民主党の推薦を得て立候補するも落選。

 

 今回の選挙は、民進党への離党届を提出し、無所属での立候補となる。高校の同窓生らに支援の動きがあるほか、民進支持層や保守層に一定の支持があると報道されている。「人口減少で縮小した街づくりをするか、日本をけん引する大都市になるかの分水嶺。仙台市を150万人都市にする」との表明が報道されている。

 

Website:元衆議院議員 林宙紀(林ひろき)オフィシャルウェブサイト – Hayashi Hiroki Official Web Site!

 

新人 郡和子(こおり・かずこ)氏

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_giinprof.nsf/html/profile/188.jpg/$File/188.jpg

reference: 郡和子君

 

 仙台市出身。東北学院大学を卒業後、東北放送にアナウンサーとして入社。解説員や報道制作局の部長などを務める。2005年、宮城1区より民主党公認で出馬。落選するも比例東北ブロックで復活当選する。2009年、2011年、2014年も当選し4期目を務める。現在は、民進党に所属。東日本大震災の際には復興大臣政務官だった。

 

 今回の選挙にあたっては、民進党県連の国会議員や県議、市議でつくる候補者選考委員会が擁立方針を決定したと報道されている。また、共産、社民両党や、市民団体「私たちの市長を選ぶ仙台市民の会」と連携しているようだ。<仙台市長選>新人4氏の争いか 政党対決の様相 | 河北新報オンラインニュース 

Website: 郡和子 公式ホームページ 

 

仙台市長選挙をアンケートで応援しよう

 

 

参考資料

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E4%B9%85%E4%BF%9D%E4%B8%89%E4%BB%A3,<仙台市長選>立候補の意向 大久保氏表明 | 河北新報オンラインニュース<仙台市長選>新人4氏の争いか 政党対決の様相 | 河北新報オンラインニュース菅原裕典 | 人名事典 | お楽しみ | PHP研所https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E5%AE%99%E7%B4%80https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%83%A1%E5%92%8C%E5%AD%90