選挙解体新書

選挙の役に立つ研究・分析を紹介します。

【選挙結果】大和郡山市長選、候補者紹介

 

 

 大和郡山市の市長選挙が2017年6月11日告示され、6月18日に投開票が行われた。

 

当選したのは現職の上田氏。

他の候補に2倍近い差をつけた勝利だった。上田氏は5選目。20年目の長期政権となる予定だ。

 

票率

79.09% 100%
発表時刻 21時45分 22時05分
候補者氏名 得票数 得票数
きたもん 勇気 7,000 7,931
とがの 行男 5,000 6,095
上田 清 13,000 17,096

大和郡山市長選挙開票結果(平成29年6月18日執行) | 大和郡山市のホームページ

 

 立候補者は、5選を目指す現職市長の上田清氏、新人の元会社役員で明日の郡山を創る市民の会代表の栂野 行男氏、そして大和郡山市市議の北門勇気氏。三つ巴の戦いとなる。

 

 上田氏は2001年より16年もの長い間市長を務めた実績があり、今回の選挙が5期20年目をかけ戦いだ。新人の二人がこの“長期政権”をいかに攻略するかが注目される。

 

 候補者の経歴は以下のとおりだ。

 

現職 上田 清 (うえだ・きよし)氏

 

http://ueda-kiyoshi.net/wp-content/uploads/2017/05/slide.png

 

 現職市長。父親は奈良県知事を務めた上田繁潔氏。京都大学文学部を卒業後、奈良県立郡山高校の教員となる。その後、奈良県教育委員会に10年あまり務めた後、1999年に奈良県知事選挙に出馬。13万票あまりを獲得するも落選(得票率は27.67%)。

 

 その後、2001年に、大和郡山市市長選挙に立候補し、初当選を果たす。2005, 2009, 2013年の選挙でも当選し、現在4期目。

 

Website: 大和郡山市長 上田清 – 大和郡山市長 上田清公式サイト

 

 

新人 栂野 行男(とがの・ゆきお)氏

 

http://www.togano.jp/wp-content/uploads/2017/01/IMG_5510.png

 

 同志社大学文学部卒。民間会社の役員を歴任。また神戸学院大学の客員教授もつとめる。2017年より明日の郡山を創る市民の会を結成し、代表を務める。目標には「子育て環境・高齢者福祉環境日本一」を掲げている。

 

 またこの会には、前回2013年の市長選挙で上田氏と争った丸谷利一氏が名前を連ねており、一部の議員の支援がある模様だ。また、日本維新の会に推薦を依頼するとの報道もある。

 

Website:  明日の郡山を創る市民の会 |

 

 

新人 北門勇気(きたもん・ゆうき)氏

 

https://static.wixstatic.com/media/0b0469_b0cb1b3fbfc741acac70a08ca306073d.png/v1/fill/w_230,h_195,al_c,usm_0.66_1.00_0.01/0b0469_b0cb1b3fbfc741acac70a08ca306073d.png

 Reference: 一般社団法人 大和込山青年会議所

 

 大和郡山市氏出身。2011年に大和郡山市市議会議員に初当選し、現在2期目。青年会議所の理事長も務めていた。2011年・2015年の選挙ともに1000票程度を獲得し当選しているようだ。

 

 市長選にあたっては「市民ファースト」を掲げ、36歳という若さを生かした行動力をアピールしている。

 

Website: きたもん勇気後援会

 

 

アンケート実施中

 

 

 

近畿圏・愛知県 国立・私立小学校進学のてびき〈平成30年度版〉

近畿圏・愛知県 国立・私立小学校進学のてびき〈平成30年度版〉

 

 

関連記事 

www.politic.tokyo

 

 

 

参考資料

https://mainichi.jp/articles/20170426/ddl/k29/010/534000c

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E7%94%B0%E6%B8%85

【奈良日日新聞】 大和郡山市長選 リーダーとしての資質 – THE 社説一覧

一般社団法人 大和込山青年会議所

選挙 | 大和郡山市のホームページ