選挙解体新書

選挙の役に立つ研究・分析を紹介します。

【杉並区】都議選の立候補者紹介と選挙予想

2017年6月23日告示、7月2日に投票が行われる東京都都議会議員選挙。

 

杉並区選挙区では、どのような戦いが繰り広げられるのか。これまでの選挙の解説と、立候補者の紹介をしたいと思う。

 

都議選、杉並選挙区のこれまで

f:id:HAPUO:20170520131443p:plain

 

 

杉並選挙区は定数6人。

2001年以降の過去4回の得票数の変遷を図にした。

 

 杉並区選挙区は議席の奪い合いが激しい選挙区だ。共産党・公明党は安定して議席を一つ守っているものの、自民党は前回2013年の選挙まで目標の2議席を確保できていなかった。

 

 一方民主党は、2005年・2009年の選挙では自民党候補者を破り議席を2つ確保してが、2013年の選挙では議席を2つとも失っている。

 

 また、注目すべきは、ピンクで表した東京・生活者ネットワーク系統の政治団体の候補者が18000票前後を得票しており、過去4回の選挙中、2回議席を確保してきた点だ。概していうと、杉並区はリベラルが強い選挙区と言えるかもしれない。そのことを反映してか、今回立候補予定者10人のうち、半数以上の6人が女性だ。

 

 過去4回の当選ラインは18000票辺りであり、投票率の上昇が見込まれる今回2017年の選挙では22000票辺りになるだろう。

 

 今年はこの杉並選挙区に都民ファーストの会の候補者が二人も参戦する予定である。定員6人の枠を巡って、激しい戦いが予想される。

 

 

 

立候補予定者の紹介

(2017年5月20日現在)

 

早坂義弘(はやさか・よしひろ)氏

http://www.gikai.metro.tokyo.jp/images/membership/jpg/049.jpg?170201

自民党現職。立教大学卒業、自民党東京都連事務局勤務・NPO団体運営などを経て、2005年の東京都議会議員選挙に自民党候補として立候補、初当選。現在3期目。明治大学で修士号を取得し、明治大学都市ガバナンス研究所客員研究員も務める。防災行政に詳しい。

Website: 東京都議会議員 ミスター防災 早坂よしひろオフィシャルサイト

 

小宮杏里(こみや・あんり)氏

http://www.togikai-jimin.jimusho.jp/wp-content/themes/tjimin/images/member/photo-komiya.jpg

自民党現職。上智大学を卒業後、自民党代議士公設秘書などを経て、2011年都議会議員補欠選挙に自民党候補として立候補、初当選。杉並区の都議を2期務める。

Website: 東京都議会議員 小宮あんり – オフィシャルウェブサイト

 

松葉多美子(まつば・たみこ)氏

http://www.gikai.metro.tokyo.jp/images/membership/jpg/052.jpg

創価大学卒業。2005年の都議会議員選挙に公明党から立候補、当選。最多得票の29799票を集める。現在3期目。

Website: 東京都議会議員 まつば多美子

 

田中朝子(たなか・あさこ)氏

https://pbs.twimg.com/profile_images/3615135088/86d3f81209697b6b9e8727d94d90aea1_400x400.jpeg

武蔵野音楽大学を卒業後、民間企業勤務、会社役員などを経て2003年杉並区議会議員選挙に当選。2期務めたのち、2013年みんなの党から都議選に立候補、当選。現在1期目。今回は民進党からの出馬となる。

Website: http://www.tanakaasako.com/

 

西村正美(にしむら・まさみ)氏

https://www.minshin.or.jp/global/data/files/0000/0003/3179/476c40a721e6057e86ff510e6c106a5d_tn296.jpg

日本歯科大学を卒業後、歯科医師として働く。2001年の都議会議員選挙の杉並区選挙に出馬するものの落選。2010年には参議院議員選挙に民主党公認で比例区に出馬、当選する。しかし2016年の参議院議員選挙に民進党として出馬し落選。今回の選挙では、再び民進党から出馬する。

Website: https://www.minshin.or.jp/candidate/6398

 

原田暁(はらだ・あきら)氏

https://pbs.twimg.com/profile_images/1305204555/_________009.jpg

共産党所属。学芸大学を卒業後、小学校教諭など経て、2003年から杉並区区議に。4期連続で当選し14年務めた。2017年に区議会議員を辞職、都議会議員選挙に立候補する。

Website: 日本共産党杉並区議会議員〜原田あきらホームページ

 

茜ケ久保嘉代子(あかねがくぼ・かよこ)氏

 

www.youtube.com

都民ファーストの会。東京大学大学院卒業。アクセンチュア・アマゾンジャパンなど外資系企業勤務を経て、2015年から独立。政治塾「希望の塾」入塾が、都議会議員選挙への出馬のきっかけ。

Website: <都民ファーストの会 から新人初公認(杉並区)>... - 都民ファーストの会 あかねがくぼ 嘉代子 | Facebook

 

鳥居宏右(とりい・こうすけ)氏

慶應義塾大学大学院医学研究科修了。 博士(医学)。化粧品会社ノエビア取締役などを経て、東京医科大学 客員教授を務める。政治塾「希望の塾」出身。

Website: 見当たらず

 

小松久子(こまつ・ひさこ)氏

http://www.gikai.metro.tokyo.jp/images/membership/jpg/054.jpg

日本女子大学退学。人形劇団に在籍するなどしたのち、生活クラブ生協の活動に従事。理事を務める。2003年の区議会議員選挙に生活者ネットワークのメンバーとして初当選。3期務めたのち、2013年の都議会議員選挙に立候補。当選を果たす。

Website: 小松久子 | 東京都議会議員 生活者ネットワーク

 

北島邦彦(きたじま・くにひこ)氏

都政を革新する会所属。中央大学卒業後、新聞社勤務などを経て、2003年杉並区議会議員選挙に出馬落選する。2007年に再出馬するも落選。2011, 2014, 2015年の区議会議員選挙に立候補するも落選。今回は都議選への挑戦となる。

Website: 都議選(杉並区)に北島邦彦の擁立を決定! | 都政を革新する会

 

杉並選挙区の予想・見どころ

 

杉並区選挙区は混戦模様だ。

 おそらく公明党・共産党の候補はこれまでの選挙結果を考えると当選が濃厚であるが、他の4枠が未知数だ。その中でも、これまでの地盤がある自民党現職の早坂氏・小宮氏が一歩リードしているだろう。

 

 みんなの党から民進党へ移った田中氏は、都民ファーストの会への接近(都議選対策講座への出席)が報道されたことが選挙にどう影響するのだろうか。もう一人の候補、西村氏はウェブサイトなどの政治活動では、今のところ出遅れている模様だ。また、民主党は前回の選挙で二人が立候補した結果、票が割れ、共倒れした経緯がある。今回も二人の立候補となっているが、勝算やいかに。

 

 都民ファーストの会の候補二人は、展開が大きく分かれている。茜ケ久保氏はメディアでの報道や露出も多く、早くからの政治活動を展開している。一方の鳥居氏は、目立った動きは報道されておらず、ウェブサイトも見当たらない。ダークホースとなるか。

 

 小松久子氏は生活者ネットが昨年から奪取した杉並区都議の枠が守れるか。2003年以来の杉並区議としての実績や地盤が評価されるだろう。

 

 

関連記事

 

www.politic.tokyo

 

 

参考資料

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E6%9D%91%E6%AD%A3%E7%BE%8E

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00010000-senkyocom-pol

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E5%B3%B6%E9%82%A6%E5%BD%A6

http://www.horibe-yasushi.com/senkyo2017.html

http://www.seikyoku.tokyo/archives/976

http://www.city.suginami.tokyo.jp/guide/kusei/senkyo/1005348.html