選挙解体新書

選挙の役に立つ研究・分析を紹介します。

男性と女性で、投票されやすい顔は違う【海外研究】

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/3/35/Hillary_Clinton_%2823705602384%29.jpg/1280px-Hillary_Clinton_%2823705602384%29.jpg

Reference: Hillary Clinton - Wikipedia

 

人間の社会では、歴史的に、男性が政治的なリーダーの役割を担ってきた。しかし、近年になり、女性の政治家も世界的に増加し、政治的に重要な地位を占めるようになった。これまでの記事で、男性の政治家に関しては、「有能そうに見える」候補者が、選挙で当選しやすいことが分かっている。では、女性に関しては、どういう「見た目」の政治家が選ばれやすいのだろうか。また男性有権者女性有権者で、選びやすい見た目は違っているのだろうか。

 

 これまでの研究では、男性の候補者だけを対象にしていたため、女性の候補者でどのような見た目が投票されやすいのかはわかっていなかった。この疑問に挑戦したのが、ノースウェスタン大学の研究グループである。

 

女性政治家も有能に見えることが大事

 

 研究グループは被験者に男性と女性の写真を一枚ずつ見せ、有能さ、支配・優位性、魅力、親しみやすさを評価させた。その後、様々なペアの候補者の写真を見せ、どちらに投票するかという質問を行い、投票されやすさに関連する男女の顔の特徴を推測した。

 この実験の結果、やはり女性も男性と同じく、より有能そうに見えるということが、最も投票されやすい顔の特徴であることがわかった。やはり有能に見えることは、政治家にとって極めて重要であるようだ。

 

性別によって、好まれる顔は少し違う。

 

 これに加えて、女性の候補者の場合は、より「魅力的」だと判断された候補者ほど投票されやすく、男性の場合は、より「親しみやすい」候補者が投票されやすいという、候補者の性別による違いが発見された。この結果は、有権者が投票する際に、候補者の性別によって好ましいと思う顔の特徴が異なっていることを示している。さらに、男性の有権者はより魅力的に見える女性候補者に、女性の有権者はより親しみやすい男性候補者に投票しやすいという、有権者の性別による違いも見つかった。

 

女性は、有能で魅力的な顔が投票されやすい

 結果をまとめよう。女性の候補者でも、男性の候補者でも、有能さに見える顔が投票に最も投票されやすい顔の特徴である。それに加えて「より魅力的」だと判断された顔の女性候補者は、特に男性には投票されやすいことが示唆された。一方、男性の候補者の場合は、より親しみやすいと判断された顔の候補者は、特に女性には投票されやすい。

 選挙ポスター用の顔写真を選ぶさいには、自分の性別とともに、支持層の性別も考慮することで、より効果的な顔写真が選択できるかもしれない。