読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

選挙解体新書

選挙の役に立つ研究・分析を紹介します。

USA!USA! 国旗を見た国民は、無意識に投票先を変えてしまう

 

 あなたがなんとなく決断したことが、実は他人にコントロールされた結果だとしたらどう思うだろうか。陰謀論じみて聞こえるかもしれないが、われわれの意思決定や行動は関係のない先行情報に大きく影響を受けていることがわかっている。

 

 例えば、老人に関連する単語を含む課題に回答した実験参加者(大学生)は、老人とは無関係な単語を用いた課題に回答した参加者に比べ、実験終了後に廊下を歩く際の歩行速度が遅くなることが示されている。

 

 このような、ある刺激を目にし、その刺激から特定の固定観念(上の実験の場合、老人)を想起することが、その後の行動に無意識に影響を与えることをプライミング効果と呼び、心理学はじめさまざまな分野で精力的に研究されている。

 

 実は、プライミング効果は、投票行動にも存在することがわかっている。つまり、あるモノを見ることで、有権者の投票行動が無意識に変化してしまっている可能性があるのだ。

 

目にするだけで投票先が変化するモノ、それは国旗だ。

 

 

 

サブリミナルな国旗が、投票先を変える

 

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/2/2c/Flag-of-Israel-4-Zachi-Evenor.jpg/220px-Flag-of-Israel-4-Zachi-Evenor.jpg

 イスラエル・ヘブライ大学の研究者らは、国旗を目にすることが投票行動にどのように影響するかを調べた。この研究で注目すべきは、国旗を16ミリ秒、つまり0.016秒しか被験者に見せていない点だ。つまり、被験者は国旗を目にしているが意識していないのだ。つまり、サブリミナルな刺激である。国旗を一瞬だけ見せられた被験者の投票行動はどのように変化するだろうか。

 

 実験の手順はこうだ。まず、愛国心スコアの高い保守的グループと愛国心スコアの低いリベラルグループに分けられた。その後、半数の被験者はイスラエルの国旗を、もう片方はイスラエルの国旗をパーツを元に作られた国旗ではない図形を、0.016秒提示された。その後、パレスチナ問題に関わるアンケートを実施し、政治的なスタンス(保守的かリベラルか)を評価された。

 

 その結果、国旗は政治意識を「中庸」に変化させた。つまり、保守的なグループはよりリベラルよりに、リベラルグループはより保守的になったのだ。さらにこの研究では、国旗の提示が、実際の投票行動も、中道に変化させる効果があることも示している。研究者らは、イスラエルにおいて国旗は団結の象徴であるため、有権者を中庸に向かわせる結果なったのではないかと考えている。

 

 

国旗は共和党支持を増やす@USA

 

 国旗が持つイメージは国によって違っている。特に共和党と民主党の二大政党制をとるアメリカ合衆国では、国旗は共和党のイメージと強く結びついている。

 

 シカゴ大学の研究者らは、アメリカの国旗を目にすることが「共和党」への支持を増やす可能性を報告した。研究者らは、インターネットを用いた調査を行い、国旗を目にすることが、政治的な態度や投票行動に与える影響を調べたのだ。このとき、半分の被験者には、左上の隅に小さな国旗を配置した画面を提示し、半分はなにも提示しないという処理を行っている。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/9/9b/US_Flag_Backlit.jpg/800px-US_Flag_Backlit.jpg

 

 

 小さな国旗は、重大な影響をもたらした。国旗を見たグループは、そうでないグループよりも、共和党の候補(ジョン・マケイン)への評価が高くなったのだ。また実際の投票行動も変化した。国旗をみなかったグループのうちマケインに投票したのは16.5%だったのに対して、国旗を見たグループでは27.2%だった。

 

 信じがたいことかもしれないが、この効果8ヶ月後も続いていた。8ヶ月後、選挙に勝った民主党オバマ大統領の実績を評価するアンケートを実施したところ、国旗をみたグループは、見なかったグループよりもオバマ大統領へ有意に低い評価を与えていたのだ。

 

 なぜイスラエルでは“団結”の効果が見られた国旗であるが、アメリカ合衆国ではむしろ逆の効果をもたらしているように見える。研究者らは、特に2大政党制のとき、片方が国旗と結びつきやすいブランディングをしているときには、国旗は団結よりも片方の政党への指示に偏らせてしまう効果があると考察している。

 

 

 日本国旗の効果は?

 

 さて翻ってわが国ではどうだろうか。

 

 主要政党の党大会の写真をみると、自由民主党・民進党などは国旗を掲げている一方、共産党・社民党などは国旗を正面に掲げている写真は非常に少ない。

 

 推測するには情報が少なすぎるかもしれないが、政党によって国旗イメージとの結びつきは違っているだろう。そのため、日本においても、有権者が国旗を目にすることが投票先の選択になんらかの影響を与えているかもしれない。

 

 日本では公民館や体育館などが投票場所に使われることが多い。場所によっては、国旗が掲示されている投票所もあるかもしれない。もしかすると、国旗が掲揚されている場所では、有権者の投票行動が無意識に変化させられているかもしれない。

 

 

参考資料

Hassin et al. Subliminal exposure to national flags affects political thought and behavior

Carter et al. A single exposure to the American flag shifts support toward Republicanism up to 8 months later

 

 

 関連記事

www.politic.tokyo

 

【病院はいずこに】半田市長選挙、立候補者の紹介と解説

2007年5月28日告示、6月4日に投開票が行われる半田市長選挙。

 

 立候補者は、現職と新人合わせ3人。争点は、半田市立半田病院の移転先。現市長らが進める市職員駐車場への移転プロセスに対して、新人候補らが反対を表明している。

 

 三選を目指す現職の榊原純夫氏に対して、新人で医師の浅野まりな氏と元信用金庫支店長の松井秀樹氏が挑戦する形だ。

 

 候補者の経歴をざっと見ていこう。

 

現職 榊原純夫(さかきばら・すみお)氏 

http://www.city.handa.lg.jp/hisho/shise/shicho/images/shichou2_1.jpg

 現職市長。愛知県立半田高校、京都大学を卒業。1975年から半田市役所に勤務、2005年には退職し、同じく半田市の助役に。2007年からは榊原伊三市長の元、副市長に就任。

 

 2009年の市長選挙には、民主党の支援を得て立候補。自民党の支援を得た前愛知県議会議員の加藤精重候補を破り初当選した。このとき、「市民税10%削減」を公約の柱に掲げていた。続く2013年の市長選挙でも無所属の候補を破り再選。今回が三度目の市長選挙となる。

Website:  半田市/市長プロフィール

 

 

新人 浅野まりな(あさの・まりな)氏

http://asanomarina.jp/images/asano_7336rgb-crop-u8140.png?crc=146844206

 

 現市長の榊原氏と同じく半田高校出身。名古屋大学農学部、名古屋大学医学部を卒業し、医師に。2008年より半田病院に入職。7年間勤務したのち退職し、名古屋大学医学系研究科の博士課程に在籍。

 

 半田病院の移転先を巡って組織された市民団体「半田病院のあり方を再考する会」の会長を務める。半田病院の高台への移転を推進したい考えだ。また市長給与のカットも公約にしている。

Website: 浅野まりな公式サイト【半田市】

 

 

新人 松井秀樹(まつい・ひでき)氏

https://pbs.twimg.com/profile_images/845572685329420288/umpP5-ag.jpg

 

 半田農業高校を卒業後、知多信用金庫に勤務。支店長などを務めた。半田市立半田病院の移転先を巡って市の提示する候補地に反対し、白紙撤回を求めている。

Website: 松井秀樹(新しい風を吹かせます) (@roninhideki1868) | Twitter

 

 

 

参考資料

名古屋に続いて…半田市長選も「10%減税」掲げ初当選 - ファイナンシャルプランナーのニュースチェック

https://mainichi.jp/articles/20170401/ddl/k23/010/077000c

http://www.yamakita.info/news/entry-4290.html

半田市長選挙に「浅野まりな」さん立候補予定です|女性首長を実現する会 愛知

浅野まりな記者会見 半田市長選

 

 

【新宿区】都議選、候補者の紹介と選挙予想

2017年6月23日告示、7月2日に投票が行われる東京都都議会議員選挙。

 

新宿選挙区では、どのような戦いが繰り広げられるのか。これまでの選挙の解説と、立候補者の紹介をしたいと思う。

 

都議選、新宿選挙区のこれまで

 

f:id:HAPUO:20170520170400p:plain

杉並選挙区は定数4人。

2001年以降の過去4回の得票数の変遷を図にした。

 

 これまでの4回をみると、共産党・公明党・自民党は安定して議席を一つ守っている。そこに民主党が食い込めるかどうか、という展開だった。前回2013年の選挙は、民主党候補者が敗れ、自民党が2議席を獲得している。今回の選挙では、民進党候補者の出馬は今のところ報道されていないようだ。

 

 前回の選挙では当選した自民・自民・公明・共産の4候補とも、17000から19500票の間に入る接戦だった。今回2017年の選挙では、3党4候補者に加え、都民ファーストの会と議員ゼロの会から参戦が予定されている。定員4人の枠を巡って、眠らない町新宿で、激しい戦いが繰り広げられる。

 

 

 

 

立候補予定者の紹介

(2017年5月20日現在)

 

秋田一郎(あきた・いちろう)氏

http://www.togikai-jimin.jimusho.jp/wp-content/themes/tjimin/images/member/photo-akita.jpg

自民党現職。バーミンガム大学大学院修士課程修了。2001年に東京都議会議員に立候補、30000票以上の得票でトップ当選。2005年再選するも、2009年の都議選では自民党候補が二人になった影響からか、票が割れ落選。しかし2013年の都議選で再度当選する。現在3期目。

Website: 秋田一郎 - 東京都議会議員 秋田一郎 公式サイト

 

大門幸恵(だいもん・さちえ)氏

http://sachiedaimon.up.n.seesaa.net/sachiedaimon/image/DSN_4237_CMYK.jpg?d=a3

自民党現職。早稲田大学大学院修了。会計事務所勤務などを経て、独立。税理士事務所を開く。2015年、新宿区議会議員に立候補し初当選。2016年には、新宿選挙区都議会議員補欠選挙に立候補し、当選。今回が2度目の都議選となる。

Website: 大門さちえ 都政に挑戦!

 

古城将夫(こじょう・まさお)氏

http://www.komei.or.jp/km/kojomasao/files/2017/02/20170105_2_sp.jpg

公明党新人。日本大学大学院修了後、高速バス会社等勤務を経て、公明党本部に入社。公明党 東京都本部 広報宣伝局次長・青年局次長、公明党 新宿総支部 副総支部長などを務める。

今回が初めての選挙戦となる。

Website: 古城まさお

 

大山とも子(おおやま・ともこ)氏

http://www.gikai.metro.tokyo.jp/images/membership/jpg/007.jpg

共産党現職。白梅学園短大を卒業後、区立保育園で保育士を14年務める。新宿区議を経て、新宿都議に立候補し当選。現在6期24年を務める。共産党都議団幹事長、財政委員などを歴任。

Website: 大山とも子 公式サイト

 

森口つかさ(もりぐち・つかさ)氏

https://pbs.twimg.com/profile_images/756158338493059073/N6JFqm5F.jpg

京都大学を卒業後、民間企業勤務などを経て、衆議院議員小池百合子事務所に入所。2016年の東京都議会議員補欠選挙(新宿区選出)に小池百合子氏の推薦を受けて出馬するも、前述の大門幸恵氏に敗れ落選。今回の選挙では、都民ファーストの会からの出馬となる。現在、都民ファーストの会都政改革委員(新宿区担当)。

Website: 森口つかさ公式ホームページ

 

菅澤治希(すがさわ・はるき)氏

www.youtube.com

地方議員ゼロの会所属。新潟県立中条高等学校を卒業後、都内にてグラフィックデザイナー。議員ゼロの会に関しては上の動画を参照。

Website: https://www.facebook.com/haruki.sugasawa

 

 

新宿選挙区の予想・見どころ

 

4人の定員に6人が立候補予定の新宿選挙区。

 

 前回の選挙戦の結果を見る限り、現在議席を獲得している自・自・公・共のうちどこが議席を落としても不思議ではない。ただし、これまでの経歴の長さから、3期務めている自民・秋田氏と6期務めている共産・大山氏はリードしているかもしれない。

 

 公明党としては、立候補した以上絶対に落選してはならないという暗黙の掟があるので、公明党新人の古城氏は死に物狂いで激戦を戦うだろう。自民党大門氏は、区議になってまだ2年あまり。地盤の弱さを、政界入りから2年で都議再選に臨むその勢いで押し切れるか。

 

 注目の都民ファーストの会所属の森口氏は、前回の選挙で大門氏に2倍近い票差をつけられて敗北している。今回の選挙では、都民ファーストの会への世論の風を味方につけて飛躍できるか注目だ。

 

 

関連記事

www.politic.tokyo

 

【杉並区】都議選の立候補者紹介と選挙予想

2017年6月23日告示、7月2日に投票が行われる東京都都議会議員選挙。

 

杉並区選挙区では、どのような戦いが繰り広げられるのか。これまでの選挙の解説と、立候補者の紹介をしたいと思う。

 

都議選、杉並選挙区のこれまで

f:id:HAPUO:20170520131443p:plain

 

 

杉並選挙区は定数6人。

2001年以降の過去4回の得票数の変遷を図にした。

 

 杉並区選挙区は議席の奪い合いが激しい選挙区だ。共産党・公明党は安定して議席を一つ守っているものの、自民党は前回2013年の選挙まで目標の2議席を確保できていなかった。

 

 一方民主党は、2005年・2009年の選挙では自民党候補者を破り議席を2つ確保してが、2013年の選挙では議席を2つとも失っている。

 

 また、注目すべきは、ピンクで表した東京・生活者ネットワーク系統の政治団体の候補者が18000票前後を得票しており、過去4回の選挙中、2回議席を確保してきた点だ。概していうと、杉並区はリベラルが強い選挙区と言えるかもしれない。そのことを反映してか、今回立候補予定者10人のうち、半数以上の6人が女性だ。

 

 過去4回の当選ラインは18000票辺りであり、投票率の上昇が見込まれる今回2017年の選挙では22000票辺りになるだろう。

 

 今年はこの杉並選挙区に都民ファーストの会の候補者が二人も参戦する予定である。定員6人の枠を巡って、激しい戦いが予想される。

 

 

 

立候補予定者の紹介

(2017年5月20日現在)

 

早坂義弘(はやさか・よしひろ)氏

http://www.gikai.metro.tokyo.jp/images/membership/jpg/049.jpg?170201

自民党現職。立教大学卒業、自民党東京都連事務局勤務・NPO団体運営などを経て、2005年の東京都議会議員選挙に自民党候補として立候補、初当選。現在3期目。明治大学で修士号を取得し、明治大学都市ガバナンス研究所客員研究員も務める。防災行政に詳しい。

Website: 東京都議会議員 ミスター防災 早坂よしひろオフィシャルサイト

 

小宮杏里(こみや・あんり)氏

http://www.togikai-jimin.jimusho.jp/wp-content/themes/tjimin/images/member/photo-komiya.jpg

自民党現職。上智大学を卒業後、自民党代議士公設秘書などを経て、2011年都議会議員補欠選挙に自民党候補として立候補、初当選。杉並区の都議を2期務める。

Website: 東京都議会議員 小宮あんり – オフィシャルウェブサイト

 

松葉多美子(まつば・たみこ)氏

http://www.gikai.metro.tokyo.jp/images/membership/jpg/052.jpg

創価大学卒業。2005年の都議会議員選挙に公明党から立候補、当選。最多得票の29799票を集める。現在3期目。

Website: 東京都議会議員 まつば多美子

 

田中朝子(たなか・あさこ)氏

https://pbs.twimg.com/profile_images/3615135088/86d3f81209697b6b9e8727d94d90aea1_400x400.jpeg

武蔵野音楽大学を卒業後、民間企業勤務、会社役員などを経て2003年杉並区議会議員選挙に当選。2期務めたのち、2013年みんなの党から都議選に立候補、当選。現在1期目。今回は民進党からの出馬となる。

Website: http://www.tanakaasako.com/

 

西村正美(にしむら・まさみ)氏

https://www.minshin.or.jp/global/data/files/0000/0003/3179/476c40a721e6057e86ff510e6c106a5d_tn296.jpg

日本歯科大学を卒業後、歯科医師として働く。2001年の都議会議員選挙の杉並区選挙に出馬するものの落選。2010年には参議院議員選挙に民主党公認で比例区に出馬、当選する。しかし2016年の参議院議員選挙に民進党として出馬し落選。今回の選挙では、再び民進党から出馬する。

Website: https://www.minshin.or.jp/candidate/6398

 

原田暁(はらだ・あきら)氏

https://pbs.twimg.com/profile_images/1305204555/_________009.jpg

共産党所属。学芸大学を卒業後、小学校教諭など経て、2003年から杉並区区議に。4期連続で当選し14年務めた。2017年に区議会議員を辞職、都議会議員選挙に立候補する。

Website: 日本共産党杉並区議会議員〜原田あきらホームページ

 

茜ケ久保嘉代子(あかねがくぼ・かよこ)氏

 

www.youtube.com

都民ファーストの会。東京大学大学院卒業。アクセンチュア・アマゾンジャパンなど外資系企業勤務を経て、2015年から独立。政治塾「希望の塾」入塾が、都議会議員選挙への出馬のきっかけ。

Website: <都民ファーストの会 から新人初公認(杉並区)>... - 都民ファーストの会 あかねがくぼ 嘉代子 | Facebook

 

鳥居宏右(とりい・こうすけ)氏

慶應義塾大学大学院医学研究科修了。 博士(医学)。化粧品会社ノエビア取締役などを経て、東京医科大学 客員教授を務める。政治塾「希望の塾」出身。

Website: 見当たらず

 

小松久子(こまつ・ひさこ)氏

http://www.gikai.metro.tokyo.jp/images/membership/jpg/054.jpg

日本女子大学退学。人形劇団に在籍するなどしたのち、生活クラブ生協の活動に従事。理事を務める。2003年の区議会議員選挙に生活者ネットワークのメンバーとして初当選。3期務めたのち、2013年の都議会議員選挙に立候補。当選を果たす。

Website: 小松久子 | 東京都議会議員 生活者ネットワーク

 

北島邦彦(きたじま・くにひこ)氏

都政を革新する会所属。中央大学卒業後、新聞社勤務などを経て、2003年杉並区議会議員選挙に出馬落選する。2007年に再出馬するも落選。2011, 2014, 2015年の区議会議員選挙に立候補するも落選。今回は都議選への挑戦となる。

Website: 都議選(杉並区)に北島邦彦の擁立を決定! | 都政を革新する会

 

杉並選挙区の予想・見どころ

 

杉並区選挙区は混戦模様だ。

 おそらく公明党・共産党の候補はこれまでの選挙結果を考えると当選が濃厚であるが、他の4枠が未知数だ。その中でも、これまでの地盤がある自民党現職の早坂氏・小宮氏が一歩リードしているだろう。

 

 みんなの党から民進党へ移った田中氏は、都民ファーストの会への接近(都議選対策講座への出席)が報道されたことが選挙にどう影響するのだろうか。もう一人の候補、西村氏はウェブサイトなどの政治活動では、今のところ出遅れている模様だ。また、民主党は前回の選挙で二人が立候補した結果、票が割れ、共倒れした経緯がある。今回も二人の立候補となっているが、勝算やいかに。

 

 都民ファーストの会の候補二人は、展開が大きく分かれている。茜ケ久保氏はメディアでの報道や露出も多く、早くからの政治活動を展開している。一方の鳥居氏は、目立った動きは報道されておらず、ウェブサイトも見当たらない。ダークホースとなるか。

 

 小松久子氏は生活者ネットが昨年から奪取した杉並区都議の枠が守れるか。2003年以来の杉並区議としての実績や地盤が評価されるだろう。

 

参考資料

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E6%9D%91%E6%AD%A3%E7%BE%8E

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00010000-senkyocom-pol

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E5%B3%B6%E9%82%A6%E5%BD%A6

http://www.horibe-yasushi.com/senkyo2017.html

http://www.seikyoku.tokyo/archives/976

http://www.city.suginami.tokyo.jp/guide/kusei/senkyo/1005348.html

 

【渋谷区】都議選、立候補予定者の紹介と解説

2017年6月23日告示、7月2日に投票が行われる東京都都議会議員選挙。

 

 渋谷区選挙区では、どのような戦いが繰り広げられるのか。これまでの選挙の解説と、立候補者の紹介をしたいと思う。

 

都議選、渋谷選挙区のこれまで

 

f:id:HAPUO:20170520131134p:plain

 

 2001年以降の過去4回の得票数の変遷を図にした。渋谷選挙区は定数二人。過去4回は自民党候補者が議席を確保しつつ、民主党候補者と無所属の候補者が残りの1議席を争っている。

 

 自民党候補者は、常に20000~25000票前後の票を集めており、今回の選挙でもこのラインが当選ラインと言えるかもしれない。2009年は、民主党への政権交代が起きた年で民主党候補への投票が大きく膨らんでいる。

 

 注目は2013年の選挙だ。2005年・2009年と民主党所属として立候補していた大津ひろ子氏が民主党を離党し無所属として立候補。民主党の候補を破り当選している。

 

共産党候補は10000票前後を毎回獲得している。

 

 今年はこの渋谷選挙区に都民ファーストの会の候補者が参戦する予定である。定員二人の枠を巡って、激しい戦いが予想される。

 

立候補予定者の紹介

(2017年5月20日現在)

前田和茂(まえだ・かずしげ)氏

http://www.togikai-jimin.jimusho.jp/wp-content/themes/tjimin/images/member/photo-maeda.jpg

自民党所属。熊本県立小川工業高等学校卒業。2003年より渋谷区区議を4期務める。2016年に行われた渋谷区都議会議員補欠選挙にて、民進党・共産党の候補者を破り当選。渋谷区の都議会議員となる。現在一期目。

Website: 前田かずしげ – 東京都議会議員

 

 

濱田浩樹(はまだ・ひろき)氏

http://hamada.to/wp-content/uploads/2010/01/hamada50p2013.jpg

民進党所属。東京大学を卒業後、民間企業への勤務を経て、2004年民主党候補として渋谷区区議会議員に立候補。惜しくも落選。その後2008年に同選挙で初当選し、2012年も再選する。2016年に行われた渋谷区都議会議員補欠選挙にて、前述の前田氏に敗れ落選。今回が二度目の都議会議員選挙となる。

Website:子育て、防災、信じられる都政へ 浜田ひろきのホームページ

 

 

 折笠裕治(おりかさ・ゆうじ)氏

https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=210x1024:format=jpg/path/sc7ff0b790a0e9e3b/image/idb3f775e46637350/version/1366480602/image.jpg

共産党所属。佛教大学卒業。現在、日本共産党渋谷地区、都政対策相談室長を務める。前回2016年の渋谷区都議会議員補欠選挙にて、前述の前田氏・濱田氏と戦い、17576票を獲得するも落選。今回が二度目の都議会議員選挙となる。

Website:home - おりかさ裕治ホームページ

 

 

龍円 愛梨(りゅうえん・あいり)氏

https://stat.profile.ameba.jp/profile_images/20151021/17/ef/6Y/j/o015001501445415511426.jpg

都民ファーストの会所属。法政大学を卒業後、アナウンサーなどを経て、小池百合子氏が主宰する政治塾「希望の塾」に参加。2017年の都議会議員選挙に渋谷区から立候補することに。知名度が高く、都民ファーストの会の目玉候補の一人として報道されている。

Website:龍円愛梨オフィシャルブログ「Sunny Life with NICO」Powered by Ameba

 

 

大津ひろ子(おおつ・ひろこ)氏

https://pbs.twimg.com/profile_images/3352170202/be0e076295bef80852d2b9e3f4c19631_400x400.jpeg

無所属。都民ファーストの会の推薦。跡見学園女子大学を卒業後、民間企業を経て、2003年、東京都議会議員補欠選挙で民主党候補として出馬、トップで初当選を果たす。その後、2005・2009・2013年と4期連続で当選。2013年の選挙では、支持率の落ちていた民主党を離党し、無所属で挑み見事当選。時流を読んだ判断だったと言えよう。

Website: 深呼吸のできる東京-大津ひろ子

 

 

渋谷選挙区の予想・見どころ

 

 カギとなるのは、前回無所属ながら当選し、今回は都民ファーストの会の推薦を得た大津氏がどこまで票を獲得するかという点だ。同じ女性候補で都民ファーストの会所属の龍円候補との相乗効果、もしくは奪い合いがどの程度生じるかも、選挙結果を左右するだろう。

 

 自民党の前田氏は、今回は公明党支持層の票が得られないことで、苦しい戦いになるかもしれない。渋谷区議時代と都議時代の経験で培った地盤が発揮されるのか、注目だ。共産党の折笠氏・民進党の濱田氏は、前回の補欠選挙に続き二度目。前回の雪辱が期待される。

 

 

 

参考資料

http://maeda.kazushige.tokyo/http://hamada.to/profile/http://thevote.jp/senkyo-database/2016/07/d130001-013/https://orikasayuji.jimdo.com/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB/https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BE%8D%E5%86%86%E6%84%9B%E6%A2%A8, http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/678933/http://go2senkyo.com/articles/2017/05/15/29578.html

 

 

関連記事

www.politic.tokyo

www.politic.tokyo